profile
sponsored links
フリースペース




Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

new entries
categories
recent comment
recent trackback
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

茅田砂胡全仕事1993-2013

読み応えのある読み辛い本ですあせ
何せ厚さ42ミリ。持ちにくいったらありません。
デルフィニア戦記の後日談の『紅蓮の夢』だけで、上下巻になってもおかしくないほどのボリュームがあります。
これだけのために買う価値はあると思います。
ただし、ちょっとだけとはいえ、別のシリーズのキャラが顔を出しますので、クロスオーバーが嫌な人には向きません(と、作者自らが記しています)
 
JUGEMテーマ:読書

at 21:29, お千代, 小説

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ルパンの新作

ルパン「新作」9月に出版 70年ぶり

この見出し、前半部分だけで『ルパン三世』の新作だと思ってしまいました汗
70年ぶりが見えてなかったわけです(笑)

モーリス・ルブランの怪盗ルパンの未発表作品が9月に出版されます。
小学生の頃、学校の図書館にあったルパンシリーズ(ポプラ社刊)は、全巻読破しました。あれから?年、この年になってルパンの新作が読めるとは思いもかけませんでした。
楽しみですね。


JUGEMテーマ:読書

at 22:46, お千代, 小説

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ブログを分けます。

 このブログでは、本、DVD、CDについて書いてきましたが、今後はそれぞれ別のブログにすることにしました。
ここは、ブログタイトルの通り、本に関係することだけにします。

DVDについては『夜の女神の掌』、CDは『Mijn Muziek』に書きます。

過去記事については、このまま残しておきますが、それぞれのブログにも転載しました。
ブログの数を増やしたからといって更新頻度が上がるわけではないと思います(^^;)


JUGEMテーマ:日記・一般

at 01:30, お千代, 徒然

comments(0), trackbacks(0), pookmark

骸骨を乞う/雪乃紗衣

彩雲国物語の後日談集です。意表を突いたハードカバー、しかも分厚い(^^;)
でも読んで納得しました。これらの話をどうしても一冊に納めたかったのでしょう。そのために必然的にこの形式を取らざるを得なかったのだと思います。

内容はかなりダークでヘビー。特に劉輝の闇の部分を書いています。これはもうライトノベルじゃないような気がします。
最後にひとつだけ、過去話が入っていますが、これが一服の清涼感にもなっています。ただ、無くても良かったかも。この話だけ、書き下ろしではないので、他に納める場もなかったのかもしれません。

『骸骨を乞う』
なんてすごいタイトルだと思っていたのですが、『辞職を願い出る』という意味の慣用句なのですね。知りませんでした。ひとつお利口になりました(笑)


JUGEMテーマ:読書
 

at 14:28, お千代, 小説

comments(0), trackbacks(0), pookmark

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙

2011年3月12日の朝に届いた新聞は、とても薄いものでした。
しかし、『こんな状況でも発行してくれた』、『こんな状況でも配達してくれた』と感動したことを覚えています。
ただ、その感動は紙面を見た瞬間に吹っ飛びました。
停電し、携帯も使えなくなった状況下で、我が家の情報源はラジオだけでした。そのラジオでも繰り返し、被害の様子を伝えていました。それでも、理解できていなかったのです。
紙面に載った写真を見て初めて、耳に入っていた『壊滅』の意味を思い知りました。

この本は、その薄い新聞を発行するまでの苦闘とその後の活動を記したものです。
普段あまり目にすることのない記者さんたちの思いも綴られています。
正直、読むことであの時を思い出して苦しくもなるし、涙も出てきます。が、仙台に生まれ育ち、仙台で震災を経験したものとして、ずっと河北新報を読んでいたものとして、読んでおかなければいけない本だと思いました。





JUGEMテーマ:読書
 

at 20:38, お千代, ドキュメント

comments(0), trackbacks(0), pookmark