profile
sponsored links
フリースペース




Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

new entries
categories
recent comment
recent trackback
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

SAMURAI BLUE vs Jリーグ TEAM AS ONE

泣けます

というか、泣きました

国歌斉唱、メッセージ入りのビッグフラッグ、Twisted、アレンジ版 Twisted、カントリーロード、天に捧げられた喪章、カズダンス、etc・・・。泣きポイントがてんこ盛りでした。

試合2日前の集合や練習、ロッカールームの様子は、この試合が『ガチンコ』であることがよく分かります。
こういうところに時間を割いた分、試合本体は短め。おいしいところだけをピックアップしたダイジェスト版になっています。
ちなみにパッケージには71分とありますが、試合関連の映像は47分程です。残り20数分は協会会長、チェアマン、選手、監督からメッセージになっています。
それでもお値段がリーズナブルですし、持っていても損は無いかと・・・。収益は義援金に回りますしね。


そうそう、巨大ベガッ太くんを抱えた岡やんをちゃんと映してくれていたのはうれしかったです。


JUGEMテーマ:スポーツ
 

at 14:18, お千代, DVD

comments(0), trackbacks(0), pookmark

コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝/茅田砂胡

再録2編と書き下ろし1編。
人外魔境にしては、と注釈付けられるような平穏な日が書かれています。

ナシアス、アランナ兄妹は最強ですね。策士と天然、方向性は真逆ですけど
この兄妹を敵に回してはいけません(笑)


ブライズくんのお話が収録されていませんので、もう1冊は外伝が出るものと信じています。


JUGEMテーマ:読書
 

at 23:35, お千代, 小説

comments(0), trackbacks(0), pookmark

希望の歌~La speranza~/藤澤ノリマサ

アラビアンナイトなシシリエンヌがツボでした。他にもG線上のアリアとか亡き王女へのパヴァーヌなど、ゆっくりした原曲が華やかなアレンジになっています。
ただ、前2枚と比べると原曲が分かりやすい曲が多かったように思います。


アルバムタイトルと同名のツアーが仙台に来ることを知って、喜び勇んでチケットを取りました。ものすごく楽しみにしていたのですが、東日本大震災が起こって仙台公演中止
会場のハコが損傷したのですから仕方ないとは理解できますが、『こんな時だからこそ』生で希望の歌を聴きたかったです。・・・代替公演してくれないですかねぇ。


JUGEMテーマ:音楽
 

at 19:04, お千代, CD

comments(0), trackbacks(0), pookmark

Appassionato~情熱の歌~(DVD付)/藤澤ノリマサ

ポップオペラのアルバム第2弾です。
スパニッシュな『ヴォカリーズ』、テクノな『白鳥の湖』、コーラスと一緒に歌い上げる『1812年』等々、今回も編曲の妙を存分に味わえます。
今回はオリジナル曲も入っています。これがまた『有名なクラシック曲じゃないの?』と思えてくるから不思議です。

DVDには、コンサートの中の1部が入っています。来年1月に発売されるコンサートDVD の宣伝ですね。
と、分かっていても買ってしまいそうです(笑)





JUGEMテーマ:音楽
 

at 20:12, お千代, CD

comments(0), trackbacks(0), pookmark

VOICE OF LOVE ~愛の力~/藤澤ノリマサ

今一番お気に入りのCDです。
ポップオペラというジャンルになります。
有名なクラシックの曲をアレンジして、日本語の歌詞がつけてあります。ただ、1曲の中にポップな部分とオペラ的な部分があり、ガラリと歌い方を変えています。それでいて違和感なくまとまっているのがすごいです。どちらの部分も力強くて伸びやかな声で圧倒されます。
アレンジも良いです。・・・演歌(!)を彷彿とさせるようなモルダウは、衝撃的でしたけど

12月には、新しいアルバム(タイトル未定)が出るようなので、こちらも楽しみにしています。



JUGEMテーマ:音楽
 

続きを読む >>

at 20:11, お千代, CD

comments(0), trackbacks(0), pookmark